一時的に複合機を利用するなら絶対にレンタル

会社のビジネスで一時的にオフィスを別の場所に構えることがありますが、そんな時に特設のオフィスで複合機を使いたいことがありますね。この時にどうやって複合機を導入するのかがポイントとなります。購入するにはコストが高過ぎます。そこで、リース契約から初期費用を抑えて導入したいところですが、この場合は絶対にリース契約ではなくレンタルを利用しましょう。レンタルを利用すると、リース契約よりも単価が高くなります。しかし、リース契約を利用すると途中で解約出来ないので、特設のオフィスを解体した後も契約を継続しなければなりません。もし、オフィス解体後にそのまま複合機を利用するなら、リース契約にはメリットがありますが、使うことがないなら絶対にレンタルを利用しておきましょう。レンタルならいつでも契約を解除することが出来ます。

複合機のリース契約は2つの知識を知っておきたい

複合機をリース契約から購入しますと、これは初期費用をカット出来たり、経費として計上出来ることからも書類上にメリットが出てくることがあります。色々とメリットがあるわけですが、リース契約で失敗しないためには2つの知識を覚えておきたいところです。1つ目は途中解約が原則出来ないことです。リース契約の仕組みというのは、リース会社が複合機を購入して、リース会社に対して費用を毎月支払うことになります。これを契約満了まで続けることになるので、途中解約する為には一括払いをしなければなりません。2つ目の知識としては、所有権が無いことです。例えば、満期まで支払いを続けても、その後に複合機を使いたいなら再リース契約をしなければなりません。こうしたポイントは会社によってはデメリットとなるので、しっかりと覚えておきたい知識です。

複合機を購入するかリース契約するか迷った時

会社のオフィスへ複合機を導入する時に、これは購入するかリース契約するか迷うことがあります。そんな時はあまり深く考える必要はなく、資金に余裕があるかどうかで判断しましょう。基本的にこのシンプルな考え方を持っておくと、大きな失敗をすることはほぼありません。まず、資金に余裕があると高額な複合機を問題なく購入出来ますね。逆に資金が無い場合はリース契約かレンタルを選択するのが一般的です。購入とリース契約には双方にメリットがあり、どちらにもデメリットがあります。そのため、絶対的な答えというのは目的や資金力によって変わってくるので、目的を明確にしておけば後は資金を考慮すると、自然と最善の選択が見えてきます。中古の商品を購入するという手もありますが、これは故障を考えた場合はデメリットの比重が大きくなってきます。