複合機を使っている事務員たちからも意見を聞く

いろいろ複合機がある中から望ましいと言えるものを探すことが大事です。自分のオフィスでどんなものが必要かを見極めるのがスタートとなるでしょう。機種選びとしてはまずパンフレットなどを見て仕様を確認しておきましょう。何を得たいのか事前にクリアにしておくことが手法としてはいいのでしょう。両面コピーとか袋とじ印刷とか要求するものの指針を持たないといい機種にたどり着けません。今使っている機種で機能に関する不安があるのならば、いろいろ要件を聞き出してくれるサービスに乗り換えましょう。話を聞いてくれるサービスと付き合えば安心です。今どきのリースでは充実したサービスを活用するのが大切になります。使っている事務員たちからヒアリングでどんな機能を欲しているのかを知ることもいいでしょう。そうやって拾い上げた声を活かして有意義な選択をしていきましょう。

昔から愛用する複合機

我が家では数十年前からずっと複合機を愛用しています。パソコンを買った頃はプリンターとスキャナーを二つ所持していました。しかし場所を取ることや使いやすさを考えて、両方の特色を備えた複合機に買い換えることになりました。昔はファックス機能の付いた電話機でコピーしていましたが、感熱紙なので印刷が粗く人に渡せるものではありませんでした。コンビニやスーパーに行くと5円や10円でモノクロコピーが出来ますが、わざわざ出かけるのは億劫です。2色以上の場合はカラー料金になります。ほんの少ししかカラーがないのに、1枚50円などになるとかなり割高になり、コストパフォーマンスが悪いです。画像を美しく取り込むことが出来る、コピー機能もあり、パソコンやデジカメなどのデータも印刷できる、生活に欠かせないアイテムになっています。

年間コストなども把握して複合機を決める

複合機をリースするのなら将来の変動にも対処できる機種を選定していくのがいいでしょう。必要な要件を満たしているかと言った視点で見ていくことで、どんな機種にすればいいかが見えてきます。せっかくいいところが見つかってもリースが高いなんて失敗をしないようにすることも必要でしょう。コストをかけることができなければ、都合がいいコストで収まるものを探すようにしないといけませんね。まずは月々のリース料をしっかり把握しましょう。そうすると年間コストなども把握できるのでそこからやってみるのもいいでしょう。リース契約は人間関係も大事です。気持ちよく応えてくれるようなサービスマンがいるところを使いましょう。問題点が感じられるのならば、とにかく話の出来る頼りがいがあるサービスに乗り換えることが必要です。初めての複合機導入なら充実したサービスを提供してくれるところがいいでしょう。